松浦弥太郎が語る。一過性のブームではない定着した北欧の魅力

松浦弥太郎が語る。一過性のブームではない定着した北欧の魅力

インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:西田香織 編集:青柳麗野・飯嶋藍子
2018/09/13
  • 104
  • 23

松浦が衝撃を覚えた「LifeWear」とは?

—そんな松浦さんが、現在進行形でなされている仕事のひとつに、ユニクロのウェブサイトで連載している「LifeWear Story 100」があります。これは、どういういきさつでスタートした企画なのでしょう? まずはユニクロの松沼さんのほうから、今回の経緯についてご説明いただけますか?

松沼:はい。いまお話いただいたように、松浦さんが暮らしや生活を再定義されている方だというのは我々も存じ上げていたのですが、実は最初から松浦さんとなにかやろうということを考えていたわけではないんですよね。それとは別に、我々なりにユニクロというブランドを考えていく上で、ひとつ課題を持っていて。

それはなにかというと、ユニクロが出している商品というのは、先ほどの松浦さんのお話じゃないですけど、みなさんの生活をより良くしたいとか、服を通じて、服を着る喜びや幸せ、満足を提供したいという思いで作られた商品ばかりなんですね。その服があることによって、その人が自分の個性を大事にして生きられるような。

松浦弥太郎が服にまつわるストーリーを執筆している「LifeWear Story100」
松浦弥太郎が服にまつわるストーリーを執筆している「LifeWear Story100」

—それが「LifeWear」であると。

松沼:はい。そもそも「LifeWear」という言葉を定義したときに、そのいちばん最初にきている言葉が、「服に個性があるのではなく、着る人に個性がある」であるように、自分の個性を大事にして生きるということを、我々は商品を通じて伝えていきたいんです。ただ、お客様から見たときに、どうしてもCMで流れている「ヒートテック」であったり「ウルトラライトダウン」であったりとか、ある種ユニクロを代表している商品のほうに、どうしても目がいきがちなところがあって。

もちろん、それはそれでいいと思うのですが、その一方で、そういったプロダクトの影に潜んでいるんだけど、実際に多くのお客様にお買い上げいただき、支持されている靴下やTシャツ類、あるいは一枚のオックスフォードシャツなど、その良さを伝えたいものが、いっぱいあるんです。

それをもっとちゃんと伝えなければというのは、社長の柳井(正)もずっと言い続けてきたし、僕たちも実際、それをどうやってお客様に伝えたらいいんだろうっていうことを、ずっと考えていて。そんなときに、「松浦さんが、ユニクロのことをお好きらしいぞ」という話を聞きつけて……。

「自分たちが素敵だと思うことを発信するのが目的ではなく、おしゃれなことを広めるためでもない」(松浦)

—そんな話が飛び込んできたんですね。

松沼:で、実際どんなふうに思われているのか、一回ちょっとお会いして、お話を聞いてみたいよねっていうことになって、実際お会いして、いろいろお話を聞かせていただいたんです。その中で、ユニクロの服って、非常にシンプルだと思うんですけど、それを松浦さんに再定義、再解釈していただくことで、お客様に第三者の視点から見た魅力を伝えていくことができるんじゃないだろうかっていう話になって。

そこから話を進めていって、最終的にいまのようなシリーズ、松浦さんのご自身の体験も含まれたお話とともに、商品を紹介していただく形になっていきました。だから、始めからなにか企画があって、それを松浦さんにお願いしにいった感じではないんです。

松沼礼
松沼礼

松浦:そう、出会ってすぐに「やりましょう」って言って始まった話ではないんですよね。先ほども話したように、やっぱりなんらかの形で、その人の暮らしや生活をより良くするためのお手伝いをしたい。そういう使命感を持ってやっていて。だから、僕の場合は、今の時代に必要なメディアとはなんだろうとか、雑誌とはなんだろうということも、すごく考えるわけです。そうやって考え抜いていく中で、僕がいちばん衝撃的だったのが、ユニクロが「LifeWear」という言葉を作ったときだったんですよね。

Page 3
前へ 次へ

プロフィール

松浦弥太郎(まつうら やたろう)

2005年から「暮しの手帖」編集長を9年間務め、2015年7月にウェブメディア「くらしのきほん」を立ち上げる。2017年、(株)おいしい健康・共同CEOに就任。「正直、親切、笑顔、今日もていねいに」を信条とし、暮らしや仕事における、たのしさや豊かさ、学びについての執筆や活動を続ける。著書多数。雑誌連載、ラジオ出演、講演会を行う。中目黒のセレクトブックストア「COW BOOKS」代表でもある。

松沼礼(まつぬま れい)

2004年にグラフィックデザイナーとしてUNIQLOに入社。2007年グラフィックデザインチームリーダーとなりUTブランドを発足。UT Store Harajuku.の立ち上げの中心となる。2011年にはデジタルマーケティングチームリーダーを兼務し、「Uniqlooks」「Voice of New York」などを多数のデジタルマーケティングを展開。MoMAとのアートプロジェクトやPharrell Williams、KAWSなどとのプロジェクトも実施。現在、UTコラボレーション事業推進部部長・グローバルマーケティング部PR部長を務める。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。